リーズナブルプロセス

リサイクル不可能品目の適正処理

廃棄物は、リサイクル・リユース(再使用)される場合を除き、最終処分は埋め立てが原則とされています。弊社は各品目や状態に合わせ管理型処分場並びに安定型処分場へと適正処理を行って頂けるよう取扱品目に合わせたご提案をさせて頂けます。

弊社とのお取引のある優れた処分場を各企業様の廃棄物やご予算のプランに合わせ「より安全に・より円滑に」をモットーにご提案させて頂いております。

最終処分は埋め立てが原則とされています

電子マニフェストの推進

マニフェスト制度は、産業廃棄物の委託処理における排出事業者責任の明確化と、不法投棄の、未然防止を目的として実施されています。産業廃棄物は、排出事業者が自らの責任で適正に処理することになっております。

その処理を他人に委託する場合には、産業廃棄物の名称、運搬業者名、処分業者名、取扱い上の注意事項などを記載したマニフェスト(産業廃棄物管理票)を交付して、産業廃棄物と一緒に流通させることにより、産業廃棄物に関する正確な情報を伝えるとともに、委託した産業廃棄物が適正に処理されていることを把握する必要があります。弊社はこのマニフェストを従来の型から電子マニフェストへの推進を提唱しております。

  • 運搬・処分修了の通知
  • 報告期限切れ情報の通知
  • マニフェスト情報の保存・管理

電子マニフェストの推進

 

 

 

事業内容